安寿の本棚

* Novel List *

陵辱涙 猫科の愛玩動物 (完結)

BL小説   18禁   須藤安寿   *     
 1 眼光(まなざし) 
第一章 眼光(まなざし) 連れていかれるのが「かじろ」という男のところであることは、義也も理解していた。男たちが交わす会話の中で、その名が何度も繰り返されていたからだ。 この半月ばかりのあいだ義也の所有者だった男たち。彼らは繰り返し義也を殴り、蹴り、代わる代わる犯して、泣きわめきながら達するところをビデオに撮った。「気に入らないっすね。竿師風情が気取りやがって。何であんなヤツにウチの兄貴が腰を低く...

罪の書 青の記憶を綴って

*   BL小説   18禁   須藤安寿  
 1 序章
 この書は、すべて暗号によって綴るつもりだ。 内容を読み解くのは容易ではあるまい。この暗号は私が(つまりザンクト・ホルストのヤン、または小さきジャンと呼ばれた暗号筆記係修道僧が)独自に考え、誰にも読み解く術を明かすことなく墓まで持って行くつもりのものだからだ。 罪に彩られた私の半生を綴るには、それがもっともふさわしいだろうと思える。 それでもこの書が失われることなく保管される限り(書物は時として、...

剛&卯月

須藤安寿   18禁   BL小説   *  
 剛&卯月1
 モデルをやるのは初めてのことではない。 美大進学のための予備校では毎度本職のモデルを呼ぶことなどできなかったから、生徒が交代でモデルの役を努めてデッサンの練習をしたのだ。 もちろんそのときは全裸などありえなかった。女子は着衣のままだったし、男子もせいぜい上半身を脱ぐくらいで、五分と同じ姿勢を取り続けることのできない互いの姿を描き合ったのだ。 だが、今回もそれと同じ……というわけには行かないだろう。...
BACK|全1頁|NEXT